2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私の to do list

s-128.jpg


一日家にいると、時間の流れるのがとっても早い。
やりたいと思っていた事が達成できていれば、その日一日がとても充実した気分になるけれど、何も達成されていない一日のなんとむなしい事。

時間を有効活用するために、メモ帳に今日一日のやりたいこと・やっておかなくちゃいけないことを書き、終わったら線を引いて消す。
という事を紙に書く事にしたのですが・・・・。

そうすると、一日ダラダラすることなく頑張れちゃう気がして・・・。
そこで登場するのが、「 to do List]
とても可愛らしいイラストでリーズナブルなものが市販されて売っているのですが、なんだかもったいなくて使えない。
コピー用紙を4枚にカットして使うのもなんだか味気ない。

というわけで、惜しげなく使えるものを、今年初めに行ったコストコで発見です。

これは、アメリカ製のメモ帳。

s-129.jpg s-130.jpg


黄色い色だから、書類に紛れてもすぐ見つかる。
大きさもちょうどいい。
切れ目がはいっているからすぐ切れるのもいい。
と、いいことずくめ。

カルトナージュの技法で、ぺん挿し付のメモ帳ホルダーを作ればいいのでしょうが
そんなことを思っていても、一体いつできることやら。
このままの状態で、しばらくは使うことでしょう。

私のリーズナブルな、to do list いかがでしょうか??

スポンサーサイト

| 雑記帳 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランスの切手

この写真は、ブログでアップされている方が多いので、今更かもしれませんが・・・・
フランスではバレンタインの時期に毎年発売されている切手です。

s-127.jpg

このバレンタインの切手の存在を知ったのは
当時参加していた、フランスのメーリングリストで。
10年以上前にもなるのかなぁ??
確か、そのときはラクロアがデザインしていたような・・・(記憶が曖昧で申し訳ない)
教えていただいた人が、買って送ってくださるというので、ご好意に
甘えてしまいました。
(そこまでして手にいれたその切手はどこに行ってしまったのだろう(汗)

この切手は2年前に行ったパリで購入したもの。
レ・アルにある中央郵便局で記念切手を買いに行ったら
たまたま、見つけて狂喜したもの。
だって こんなに可愛い切手は即完売になるのだろうって思っていたから。
しかも、シャネルがデザイン。めちゃくちゃおしゃれです。
お土産も兼ねて、2枚ずつ購入したけれど、結局自分で独り占めです(笑)
        *********************************

私が唯一やっているボランティアが切手ボランティア
切手の周りを1cmぐらいあけてカットしてものが、たまってきたので
ネットで住所を調べてみました。

↓いつも送っていた団体です
 ≫ 日本キリスト教 海外医療協力隊

↓動物関係の団体もあるのですね。
 今年から、ロビンを飼いはじめた私としてはコチラが気になるところ です。
 ≫ 社団法人 日本動物福祉協会 (JAWS)


| パリでみつけたもの | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランス流紅茶の楽しみ方

日曜日は、フランス雑貨を扱う、オルネドファイユで、
フランス流紅茶の楽しみ方のセミナーに参加してきました。
フランスから、女性のティブレンダーを招いてのセミナーで
もちろん、通訳もつきます。


パリが好き!紅茶が好き!な私としては、ぜひともフランスの紅茶事情も知っておかなくちゃね(笑)

フランス人はなぜフレバーティが好きなのか、サロンドテではなぜ陶器のポットではなく南部鉄器なのか・・・そういう疑問がいくつもあったので
とても嬉しいイベントでした。

◆紅茶道具◆
フランスでは、布のフィルターを使うか(↓photo:left)もしくは
茶葉がすぐ取り出せるように、紙のティーバック(↓photo:right)
にいれるのだそうです。この紙のティーバックはパッケージはフランス製で中身は日本製とのこと。

121.jpg  125.jpg

↑写真をクリックすると拡大します

英国では、茶葉をポットの中に入れっぱなしにするけれど、フランスでは3-5分ぐらい蒸らして、
すぐ取り出すのだそうです。
だから取り出しやすいように紙のティーバックを使うのだそうです。

フランス人は渋いお茶が大嫌いで、ミルクを入れて飲まないので
濃いお茶は好まれないのだそうです。

そういうわけで軽いお茶が好きなので、フレーバーティが好まれる
との事です。

◆ポットについて◆

123.jpg

本来だったら、陶器や銀のポットを使うのが伝統的だが
15年くらい前からフランスで鉄びんの人気がでてきて、とてもステキなデザインシンプル色も赤や紫や青などがあって、オフジェとしてもいいし、絶対割れないから長持ちするので次の世代までつなげられるのでとても経済的。

また鉄びんはいつまでも冷めないのだそうです。
(大きさにもよるのでしょうが30分くらいは大丈夫とのこと)
そのため、ティーコジーをかぶせることもないし
ドイツでは、ポットウォーマーを使うけれどもフランスでは使わないのだそうです。

「紅茶」というと、イギリスが本場というイメージがあり
海を隔てた、イギリス流にいれるのかと思っていたら
イギリス人との嗜好の違いもあり、フランスはフランス独自の紅茶の入れ方なんだなぁとしみじみ。
使っているお水は、ミネラルウォータのvolvicだし。
ポット一つに、茶葉の量はティーメジャーで4杯。
要はおいしく入れられればいいということで、あとはおしゃべりに花を咲かせましょうというのがフランス流。

それに比べて、イギリスはゴールデンルールにのっとった入れ方。
水は汲みたての空気が一杯はいった新鮮な水
お湯は、5円玉の泡が出来ているぐらいのボコボコしている状態
茶葉は大きいサイズだとティースプーン山盛り一杯が一人分
小さいサイズだと、中盛り一杯が一人分
蒸らし時間もサイズによって2分半から3分
ジャンピングもしっかりさせましょう

このようなルールに従って入れている紅茶
なんだかちょっぴり馬鹿らしくなってきちゃいました。
厳密に言ったらこのようないれかたを忠実に守っているのは
私たち日本人かも。
とはいえ基本に忠実に入れた紅茶はとってもおいしくもあります。
なので、セミナーでは基本の入れ方をまずやってみて
そのうえで、自分好みに変えてみてくださいとは言っています。

今回のこのイベントには、フランス語ができる方も何人もいらして
ティーブレンダーの方の家にホームスティをされていた方も来てたりとかで、一瞬ティーブレンダーの人がフランス語の先生で生徒がこのイベントに遊びにきたような錯覚に落ちいってしまいました。
あとで、スタッフの方に伺うと、不思議そうな顔をされて
ここのお店は、フランスの雑貨を扱っていて、フランス好きな方が多いのです。(だからフランス語ができるひとも多いのですって言いたかったみたい)
やっぱり、フランスが好きな人はフランス語が出来ないとダメなのねと
ちょっとショックを受けながら、帰路に着いたpecoでした。

| 雑記帳 | 08:32 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FIGARO

今月のFIGAROは、パリ特集
これは買わなくちゃね(笑)



| 雑記帳 | 08:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のデジカメ

3年近く愛用している、私のデジカメは
京セラのファインカム
画素数320万画素




持ちやすい大きさで、画素数もコレで充分
しかも海外対応型なので、電圧プラグさえ用意しておけば
海外でも充電できるのも、旅行好きの私としてはポイントが高い。
一つ難をいうとしたら
起動するのに時間がかかるということ。
以前持っていたのは、ふたをあけると同時にすぐonされて
写真が撮れたので、これが当たり前と思っていた。
だから起動に時間がかかるのはかなりイライラ。
だって、瞬時に撮りたいものが撮れないんだもの。
なんど、シャッターチャンスを逃した事か・・・。
レンズが飛び出るタイプは、起動に時間がかかるということは
買った後に知ったことでした。

とはいえ、私にはとても使いやすいので
起動の早いデジカメを買ったけれど、いつも使うのがこのデジカメ。

ところが、とうとう壊れてしまった・・・。
onしたら、写真のようにレンズが飛び出たまま元に戻らない(悲)
修理で直ればいいけれど、高い修理代を払う事を考えれば
買った方がいいかも・・。
でも、今のデジカメは画素数がどんどん高くなっているので
できれば、画素数が低いのが欲しいのだけど。
今は、付加価値をつけないとデジカメが売れないですって。
だから、各社競って画素数の高いデジカメを販売しているそうなんです。
引き伸ばしでもしないのなら、HPにアップする写真は、
200-300万画素で、充分なんですよね。

ちょっぴり悲しい、いえいえかなりショックな出来事でした。

| 雑記帳 | 08:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手で作る本

026515540000.jpg

カルトナージュを始めてから
本作り(製本)にとても興味がでてきてました。
単発の講座をやってくれるところもあるみたいで
いつか習いに行きたいナァ。

文化出版局から、興味深い本がでたのでご紹介です。
「手で作る本」 文化出版局

豆本にも興味があるので、ついでに探したら
本を出されている方のWebサイトをみつけました。
田中淑恵「夢の豆本」

INFOを見ると今年の4月に、
銀座ポーラ ミュージアム アネックスにて、装丁の展覧会があるみたいです。
これは行かなくちゃ。

展覧会「本の仕立屋さん」
4月3日~26日
銀座ポーラミュージアムアネックス

| 雑記帳 | 08:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロビンのいる生活・・・2

まだ1歳にもならないロビンはいたずら盛り。
本人はいたずらだと思っていないのだろうけど・・・・。
とにかく、好奇心旺盛です。

◆とうとう洗面所の台に進入◆
水が気になるらしい・・・。



◆ミシンを使っていたら◆
あらあら 反対側から顔をのぞかせて・・・。
118.jpg

| 猫ロビン・外猫 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MP3 PLAYER

今年のバレンタインデーのお返しでした。

s-PICT0116.jpg


どうせだったら、i-podが欲しいところでしたが・・・・・。
なぁんてことを言ってはいけませんよね~(笑)

通勤時間も短いし、今の私の生活にはあまり必要ないと思っていたけれども
実際使ってみるとこれがなかなかいい!!!!!
デザインもシンプルで持ちやすいし、音もとってもきれいに入っている。
i-podじゃなくても全然OK(笑)

ただ自分ではまだ MP3に変換する方法を知らないのですよ~。
でも こんなオススメなWEBサイトを見つけました。

CD→WAV→MP3

これを機に 少しはフランス語の勉強を始めようかなぁとちょっぴり思っている今日この頃の私でした~。

| 雑記帳 | 11:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カメラマンの助手

週末は夫のお供で、写真撮影の現場へ。
こんなふうに書くと 夫はさもカメラマンのように思われそうですが・・・

夫は大のカメラ好き。
学校にも通っていたとか。
器具もプロ並みのを持っています。
カメラ専用の冷蔵庫も2台もあるんですよ~。



この日は、常連になっているカフェの新メニューの撮影にお邪魔したのです。
で、私はライトを照らしたりと、助手もどきのお手伝い。

s-194.jpg

終わった後は、新メニューの試食会。
これが一番の楽しみ。

ここのカフェは前面にガラス張りになっていて、やっぱり光の入り方が家で撮るときと全然違います。
違いわかりますか????

| 雑記帳 | 08:22 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2006スーパーマーケット・トレードショー




お雛様の日に、ビッグサイトで開催されていた「2006スーパーマーケット・トレードショー」へ。うちの部署も出展しているのです。

写真は、サンプルとしていただいたポテトチップス。
一袋をまるまるくれるとはなんと気前が良い。
やっぱり最終日だから?
これらのポテトチップスは、すべてアメリカ製。
手前のは堅揚げでビネガー味。
何種類かあった中で、日本にはない味でおすすめですとのことなので、
ビネガー味を。
かなりビネガーの味が濃くて、好みは別れるところかもだけど、
最初はビネガーが強くてびっくりしたけれど けっこうはまる味。
-
大きな袋片手にブースに戻ってきた私を、20代の女子は「すごーい。主婦丸出しですね~」と。めちゃきつーーい 一言(笑)

いいんだも-ん。
行ったかいがあって、いろんなものをもらってきちゃったもん。


こういう展示会は疲れるけれど 本当におもしろい。
いろんな情報がたくさんもらえるしね。
来週はフーデックスが開催。今から行くのが楽しみ。

| 雑記帳 | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |