PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

牡蠣むきナイフ

E.Dehillerin(デュイルラン)にて20050124220354.jpg


パリの冬の風物詩「生牡蠣」おいしいですよね。
一度食べてやみつきなり、あの味をもう一度とばかりに夏に行ったときにも食べたけど やはり冬の味には勝てず。
やはり冬に食べるのが一番なのねと納得。

そんな生牡蠣だけど、稲葉由紀子さん著「幸せなフランス雑貨」に牡蠣むき用のナイフのことが載っていた。
専用のナイフはやはり、パリで購入よねとばかりに
早速ノートにメモして、レ・アルにある調理専門店のE.Dehillerin(デュイルラン)に行って購入したのがこの写真のナイフ。
    左:スーパーで売っているナイフ
    右:プロ用のナイフ

危なくないように、コルクに刺してくれるところがなんかフランス的でいい!
嬉しくなってルンルンして、このままパレロワイヤルにそばにあるフランス銀行に行って、フランをユーロに交換してもらおうと行ったら・・・
みごとにひっかかり、そりゃそうですよね。
中身はなに??と見せるはめに。
ちょっとドジな私でした。

このナイフ今週の生牡蠣パーティで大活躍してくれそうです。


スポンサーサイト

| パリでみつけたもの | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://naoe0713.blog2.fc2.com/tb.php/10-39bf4087

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。